マンションにお住まいの方

コミュニティ活動

わたしたちはコミュニティもマンションの資産と考えます

2011年の東日本大震災をきっかけに、マンションでもコミュニティ形成の重要性が見直されています。普段からの顔の見える関係を築くことが、日々を暮らしやすくし、いざという時の助けや心強さに繋がります。私たちは、マンション住民同士のコミュニティ形成の一助となるよう、コミュニティ活動を積極的に提案、支援をしています。

コミュニティ作りをサポート

管理組合の理事会や総会運営の支援はもちろん、お祭りや防災訓練などイベント開催のサポートを通して、あらゆる角度から良好なコミュニティづくりをお手伝いします。マンションは、経過年数や住民の年齢層、地域性などによって、それぞれ必要とするコミュニケーションは異なります。私たちは長年培ったあらゆる物件のノウハウを結集し、そのマンションに合ったコミュニティ作りをご提案、サポートします。

あいさつから始まる防犯対策

防犯対策でよく言われることは、「犯罪を起こす気にさせない」という予防線。普段からマンションの住民同士が会話を楽しみ、あいさつが飛び交う様子は、まさにその予防線になります。住民が顔見知りになることで、万が一不審者が入ってきたとしても、その異変を察知することができます。マンション内のコミュニケーションを活発にすることが、防犯の大きな力になります。

イベント事例

事例1    大規模マンションで消防訓練
  • 高層階から階段を使って地上に避難。
    誘導に従いロビーで整列し、もしもの時の混乱を防ぎます。
  • 消火器を使っての消火や、バルコニーの隔て板の破壊など、普段はできない体験が行われ、家族ぐるみで多くの方が参加しました。
  • はしご車を使って、高層階からの避難体験。個人の備えだけではカバーしきれない訓練も、組合だからこそ実現します。
  • 火災の発生個所によってはバルコニーの隔て板を蹴破って逃げなければならないこともあります。
事例2    マンションで夏祭りイベント
居住者間のコミュニケーションの一環として、夏祭りなどのイベントをサポートしています。フロントマンも積極的に参加してイベントを盛り上げます。
事例3    住民交流会
新築マンションでの初めての「住民交流会」を開催しました。
お菓子やジュースを囲んで、同じマンションの居住者同士で初顔合わせ。
家族ぐるみでさまざまなお話に花を咲かせました。
また、お子様向けにご用意したお菓子のつかみ取りと射的ゲームも大人気。
イベント終了時には子どもたち同士、親御様同士で仲良くなる
大盛況の「住民交流会」となりました。
マンションにお住まいの方
私たちのマンション品質管理について
理事×フロントマン
「マンション管理術」対談
フロントマン密着ルポ!
USEFUL INFORMATIONお役立ち情報
CONTACTお問い合わせ窓口 受付時間 9:00~18:00

Page Top